携帯サイト お問合せ TDCへのアクセス サイトマップ スタッフ紹介

2009年ドルフィンスイムツアーにご参加いただいたお客様の声

東京ダイビングセンター主催のドルフィンスイムツアーにご参加いただいたお客様から感想をいただきました!
その時の水中写真とともにご覧下さい!
ご参加いただいた日程順に掲載させていただいております。

*2008年のお客様の声はこちらから*

★2011年お客様の声は「ツアー報告」ページの各ツアーごとに掲載しています!

♥まりりんさん
♥2009/10/30〜11/1、8/21〜23、6/26〜28、6/6〜8全て三宅島泊プラン参加

東海汽船には乗っていながら、なかなか下船することのなかった三宅島&御蔵島。
ず〜〜〜っと行きたかった!!2009年は4回も行くことができました。

一番最初にイルカに会えた時は、それはもう大興奮で、水中になんてとても入れませんでした。
水面でバタバタしている私みたいのにも、イルカちゃん達はやさしい〜♪
何度も遊びに来てくれるうちに、こちらも落ち着いてきて、少しづつ水中に入れるように!

デジカメでかわいい写真もたまにですが、撮れるようになってきました☆
群れで移動している時、子供を連れている時、仲間同士で遊んで入る時・・・
いろんな姿を見ることができて嬉しい〜\(^o^)/

絶対にまた会いに行きます!!

 
♥ミクラーズさん
♥2009/10/30〜11/1御蔵島泊プラン参加

イルカ10月末の2009年最後のツアーに参加しました。
行くまでには、イルカと泳ぐなんて???と半信半疑でしたが、実際にもぐってみて、まず、その数の多さにびっくりしました。
人生初、でしたが、元気なイルカの姿を見たり、可愛い声を聞いたりしたことは、本当に、忘れられない体験となりました。

私自身、泳げはするものの、海女のように動けるわけでもないのですが、TDCのスタッフのサポートでばっちりドルフィンスイムを楽しめました。
それから、御蔵島では民宿に泊まったのですが、女将さんの作ってくださる料理の美味しいこと!!

また、今回ツアー参加の方たちも、楽しい方ばかりで、陸に上がった今でも、良い交流させてもらっています(笑)
本当に大満足のイルカツアーで、今年も是非参加したいと思っています。

 
♣おたえさん
♣2009/8/27〜30御蔵島泊ネイチャーツアー参加 ♣掲載写真撮影:おたえさん

御蔵島山御蔵島の山と海を楽しむツアーに参加しました.
いつもは,イルカと泳ぐために来ている御蔵島ですが,海から見上げる山も大好きです.
その憧れの山も散策できるということで,準備万端ツアーに出発.天候に恵まれ,晴天かつ海は凪.三宅島から八丈島まで見える視程の良さ.
そのかわり,日差しが強くて,山歩きも暑いのと,険しい山道で(日頃の運動不足もあり)堪えました.

それでも山道以外は手付かずの原生林,御蔵島の自然を思いっきり楽しめました.御代ヶ池や最大級のスダジイを巡るコースでしたが,山のガイドさんの説明をうけつつ,かつての御蔵島の生活を思ってみたり・・・・今でこそ,東海汽船の定期航路のある御蔵島ですが,ツゲの産地を守る厳しい生活が長い時代続いたそうです.

御蔵島イルカオオミズナギドリの営巣する御蔵島の自然,実は世界的にもたいへん貴重な地域だそうで,山の恵みが海の恵みとなり,イルカも集うのだそうです.イルカは食物連鎖の上位に位置しますから,御蔵島の自然環境に配慮することも,野生のイルカと泳ぐことのできる島であり続けるためには必要なことではないでしょうか.

さて,イルカと泳ぐ時間は,またいつもの特別な時間.今回は,海が穏やか過ぎて,あまり一緒には遊べませんでしたが,真夏の海は格別気持ちがいいものです.
今度,また遊びましょう,御蔵島のイルカたち!

 
♥あきこさん
♥2009/8/15〜17御蔵島泊プラン参加

イルカ2009年8月、3年連続3回目の御蔵島ドルフィンスイムツアーに参加しました♪

竹芝桟橋を出発して、海風を感じつつレインボーブリッジをくぐったら、高まるテンションを抑えつつ就寝。
約8時間後、翌朝到着した御蔵島は朝陽に輝いてとても美しく、また来たよ〜!と島にご挨拶。ドルフィンスイム用のボートから豊かな緑と大小の滝を見上げるときも、御蔵島は本当に美しい島だなぁと思います。

1日目、ボートからイルカを探すときは毎回ドキドキします。最初のイルカを見つけると、皆からもれなく「キャ〜!いた!」と歓声が上がり、テンションも最高潮に!
8月にしては気温が低めでしたが、水温は高めで水中にいるのが心地良く、しかも透明度がとっても良くて、少し深く潜ったイルカや近付いてくるイルカもはっきり見えました。

移動中のイルカの動きは本当に早いので、エントリーしてもあっという間に遠ざかってしまうことも多いです。それだけにまわりでゆっくり遊んでくれたり、こちらに戻ってきてくれたりするときの嬉しさは格別です!

周りの人にドルフィンスイムの話をすると、「癒されそうだねー」と言われることが多いのですが、私の場合は、手が届きそうな距離で泳ぐイルカと目が合ったり、興味を持ってもらえるように並んで泳いだりすることで、日常生活では感じない程のパワーが湧き出て、めちゃくちゃ楽しい気分になります。そのパワーは御蔵島から帰ってもしばらく持続して、仕事も精力的に頑張れるほど(^^)

イルカ以外にも、のんびりした空気や、島から見下ろすキラキラする海や、ナイトツアーで連れて行ってもらった夜の森や、不思議な生態の不器用なカツドリや、久しぶりに見た天の川などなど、御蔵島の魅力はとっても豊富です。

今回は友人と一緒に参加しましたが、1回目は1人での参加でした。他にも1人参加の方がいたり、さまざまな年齢や地域の方と出会えたりするので、1人参加でも楽しめると思います。
帰りの東海汽船から遠ざかる島を見ながら、これからも御蔵島は私の夏の恒例イベントになりそうだなぁと確信したのでした。
最後に、いつも参加者の安全に気を配り、楽しいツアーをサポートして下さるスタッフのみなさま、ありがとうございました!

 
♥りょうこさん
♥2009/7/18〜20&5/29〜31三宅島泊プラン参加

〜ドルフィンスイムの旅〜

小学生の頃の夢はイルカと泳ぐことでした。大学時代にイルカと泳ぎたいな〜と考えながらネットサーフィンしていて東京ダイビングセンターのHPにたどり着き 「野生のイルカと泳ぐ」というまさに夢のような現実がそこにはあり,早速申し込んで,いざ御蔵島へ!!

御蔵島の小さな漁船に乗りこみ,島の周りを走らせながらみんなが必死にイルカを探す・・・・すぐにイルカの群れを発見!!水面からあっちにもこっちにも可愛い背びれが!!「いたよー!!」「きゃーきゃー!!」船上は大興奮!

イルカの進行方向に船を止め,水中へ・・・ 初めて逢う野生のイルカ。イルカは速く泳いでいるのに,私の時間は止まってました。その後はイルカに追いつこう必死で泳いだり,写真を撮ったり。
何度かエントリーを繰り返し,イルカがみんなの周りをくるくる回って遊びに誘ってくれたり・・・とても幸せな,そしてドキドキな時間でした!

前回参加したときには,イルカの出した「幸せのバブルリング」も見れたり,子どものイルカのジャンプも見れちゃいました!!感激!
ツアーに参加する人とも「イルカに逢いたい」という同じ気持ちのお陰でいつも仲良くなれて,最高のツアーです(´∀`*)

 
♥ゆーこさん
♥2009/7/18〜20三宅島泊プラン参加

2009年7月18日〜20日の三宅島泊プランに参加しました。梅雨が開けるかどうかのきわどいところを選択・・・。
ツアー4回目(4年目)となる私は、「イルカと一緒に泳ごうよ!」と友達を誘って行きました(実は、1回目は長い船旅に終わっているのですが)。

なんとなく天候が怪しいぞ・・何となく風は強いし、海は波が立っているような・・・御蔵島に向かう船はジェットコースター・・・友達とワォーっと叫びながらガンガン波しぶきをあびて、もう気分はハイテンション!!!
御蔵島の海に到着、しかし・・・やはり海はうねっていました。イルカ会いたさにガシガシとイルカの群れがいるところへ泳いでいったら、あれっ何?いやぁ〜っ、目の前にイルカが・・・水面近くで立ち泳ぎ(というか立って浮かんでいる?)してたんです。なんかストップモーションでしたよ。もう大感激でした、あぁ・・来てよかった・・・。初参加の友達も大満足で塩水で顔がガビガビになっても笑顔でした(^0^)

初めてフルにツアーをこなしたことにも感激!!
イルカを通じて、いろんな人ともお友達になれましたし。
ほんとにTDCのツアーでよかったです。スタッフのみなさん、ありがとうございました。また、よろしくお願いします。

 
♥tomoさん 
♥2009/6/12〜14御蔵島泊プラン参加
♥掲載写真撮影:hiroさん

tomoさん撮影イルカイルカと沢山遊びたい!と思い6月の御蔵島ツアーに参加しました。
この次期なら台風の心配はないと思っていたら なんと当日入梅(笑)お天気には不安を残しつつ 御蔵島へ。
今回のツアーはメンバーにも恵まれ、行きの船から皆、意気投合。初対面とは思えない盛り上がりで 楽しいツアーになるぞと期待も膨らみました。

今回の御蔵島、6月ということで水温は20度!冷たさには びびりましたが イルカに会えると 寒さも吹っ飛びます。
1日目、ボートを走らせ、イルカの群れがいたので飛び込むと、うわあ〜なんだ これは!あとから あとからイルカ、イルカ、イルカ。イルカ三昧、イルカパニック状態。あまりのイルカ三昧に 私は写真を撮るのを忘れて見入ってしまいました。
あとで聞いたところによると50頭くらいいたとのこと。やっぱり御蔵の海ってすごいなあ。今の時期、親子連れのイルカにも会えるのですが、親子で遊んでくれるイルカに会えたのが とっても嬉しい出来事でした。
親だけ、子だけで遊んでくれるイルカはいるけれど、親子で遊んでくれるようになったのは 最近の出来事と聞きました。子供の頃から人間に親しんでたイルカがお母さんになると、人と遊ぶのが好きなお母さんになり、それを子供の頃から見ていると人間て怖くないんだ、、って子供も思うみたい。

tomoさん撮影イルカ人とイルカとの関係が こんなふうに お互い、いつまでも いい距離を保たれていくといいなあって思いました。
イルカをむやみに追いかけたり、触ったりせず、きちんとドルフィンスイムのルールが守られているからこそ、イルカたちも人と遊んでくれるのでしょうね。イルカの海にお邪魔させてもらってるってことを忘れないようにしたいなあと つくづく思いました。
1回目のドルフィンスイムは 幸運にも他の船に会わず、ほんとイルカの海、独占状態。沢山のイルカにも会えたしほんと贅沢な時間でした。

2日目は朝からドルフィンスイム。朝早いからか またしても 貸切の海♪時折海面にはアオウミガメも顔を覗かせます。しばらく船ですすみ、イルカの群をみつけたのでエントリー。でも朝早いこともあって みんな寝てる〜。寝ぼけつつ泳ぐ姿や 寝起きの悪い姿をみて、人もイルカも同じなんだなあと思ったりしました。2日間 イルカ大満喫できました。

御蔵島はイルカの海の印象が強いですが、豊かな森もあります。豊かな森があるところには豊かな海がある、、、って本当にそうなんですね。
ドルフィンスイムの後 一休みしたら タンテイロの森へお散歩へ。森というよりも山でしたが(笑)。写真を撮りつつ、最初は呑気に歩いていたのですが、途中からは、かなり必死。ドルフィンスイムでガクガクの足で登る山登り(笑)私たちいったいどんだけ体育会系なんだ!約1時間くらいの山登りのお散歩。
でも途中途中で山百合をみたり小さな川をみたり、白いキノコをみたり、森林浴もできたし、マイナスイオンをぞんぶんに体にあびて気持ちよかったです。疲れたけど(笑)でも行って良かったです。イルカに癒されたあとは山の景色にも 存分に癒されました。

イルカ>森歩き、と とても同じ日の出来事とは思えないくらいの盛りだくさんの旅。

でも 1日目はそれだけでは終わりません。夜のイベント、ナイトエコツアー。島にこの時期やってくるオオミズナギドリ(カツドリ)を見に行くツアーです。
この日はあいにくの曇り空。空はガスっていて月も星も見えず真っ暗。遠くで鳥の声はするものの、なかなか出会えなかったのですが、1羽 道路を横断する子に会うこともできました。
月も星もみえない夜の山は途中から肝試し(笑)ぽい感じになったのですが それも楽しく、(それがメインで楽しかったのかも?(笑))山からおりて海の桟橋近くでは 海をうめつくすような数の鳥たちが波間を飛んでる姿を見ることができました。かなりの圧巻な風景!
月も星もみれず残念でしたが そんな夜には 海の中に☆を眺めることができます。それは夜光虫。波がよせるたびに キラキラ光る夜光虫は 幻想的で、とってもキレイでした。

よく泳ぎ 歩き 笑った2日間。 本当にあっという間でした。
同じ東京都とは思えないくらい、御蔵島には沢山の自然があふれていました。それはイルカのいる豊かな海であり、いろんな生き物や植物が生息する森であり、ドルフィンスイムツアーと一言で括れないくらい、いろんなものが ぎゅっとつまったツアーでした。
楽しいツアーの企画 ほんとうに どうも ありがとうございました。参加して本当に良かったです。
そして豊かな森と海の御蔵島、いつまでも イルカと安心して泳げる島であってほしいなと心から思っています。
素晴らしい旅の仲間たちにも感謝して☆

 
イルカと遊ぼう!ドルフィンスイム
ダイビングスクール
ダイバーのためのダイビング情報
マナティと泳ごう!
アシカと泳ごう!

TokyoDivingCenter Blog

三宅島スタッフの日記やツアー報告などなど!
ムービー付きの報告もあります!

TokyoDivingCenter facebook

Tokyo Diving Center

TokyoDivingCenter 携帯サイト

東京ダイビングセンター携帯サイトQRコード

東京ダイビングセンター 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-25-9-102 メールはこちら
03-3686-6617/050-3400-0179(@nifty-Cフォン)提携ISPをご確認ください

Copyright (C)Tokyo Diving Center All rights reserved.     利用規約