携帯サイト お問合せ TDCへのアクセス サイトマップ スタッフ紹介

三宅島紹介

三宅島の写真◆伊豆諸島「三宅島」

東京から南へ約175kmの太平洋上に浮かぶ周囲周囲38.3km/面積55.5平方km/人口約3.000人のほぼ円形の島。

富士火山帯南帯に属し、玄武岩からなる複式火山で、雨が多く、年間の平均気温は17.5℃。氷点下になることはほとんどなく、それでいて夏は案外涼しく、30℃を超える日はあまりありません。

おそよ3000年前に大規模な噴火が起こった形跡があり、それ以後記録に残る1085年の噴火までの間に十数回噴火しており、平均すると20年ごとに起こっていたようです。昭和期には15年、37年、58年と噴火があり、そして平成12年の噴火が起きました。約5年間の全島避難の末、2005年2月に避難指示は解除されました。同年5月には観光も再開され、釣りやダイビング、バードウォッチング、御蔵島へのドルフィンスイムなどを行っています。
度重なる噴火の際に噴出した溶岩や火山灰などを、三宅島の随所で見ることができます。

◆三宅島への交通手段

【航路】
 東京竹芝桟橋→三宅島→御蔵島→八丈島→御蔵島→三宅島→東京竹芝桟橋

◆火山ガスについて

三宅島の火山ガス放出は現在も続いています。火山ガス(二酸化硫黄)によるリスクを理解しないままでの来島は健康に影響を及ぼす危険性があります。下記URLのをご覧いただき、火山ガスに対する心構えが必要となります。
また、来島に際しては事前に呼吸器などに関して健康診断を受けられることを推奨いたします。

火山ガスと健康影響に関するQ&A(必ずご覧下さい。)
三宅島の火山性ガス濃度(リアルタイムのガス濃度です。)

◆ドルフィンスイム

親子イルカ三宅島からのドルフィンスイムは、三宅島の南約18km離れた御蔵島まで漁船にて移動して行います。
御蔵島沿岸は世界でも有数のミナミバンドウイルカの生息地で、出産や子育てを行っています。4月下旬から11月中旬まで、ドルフィンウォッチングやドルフィンスイムを行う事ができます。

イルカ船片道約40分で、御蔵島では約1時間30分イルカを探して遊びます。全行程3時間〜3時間半。
御蔵島を1周(海況により)しながらイルカを探し、遊んでくれそうなイルカを見つけたら海に入り一緒に泳ぎます。子供連れイルカの群れや若いオス同士の群れなど、イルカにはさまざまな群れがあり、またエサを食べているシーンや流木などで遊ぶ姿、授乳シーンや若いオス同士の交尾の練習シーンまで、いろいろな野生のバンドウイルカたちの姿を見ることも出来ます。

◆ダイビング

ダイビングボート黒潮の影響を受ける三宅島は、サンゴの群生や熱帯性の魚類や大型の回遊魚、ウミガメ、色とりどりのウミウシなど様々な生物を観察する事ができます。
また、三宅島の水中景観は複雑で、アーチやドロップオフ、岩場、砂地で構成されていますので、お好みのダイビングスタイルに合わせることができます。
三宅島ダイビング情報は「三宅島ダイビング」をご覧下さい。

毎年恒例の期間限定ボートダイビングポイント「メガネ岩」は、今年は6月毎週末に開放される予定です!

三宅島大久保浜 三宅島釜の尻 三宅島富賀浜 三宅島土方
大久保浜(ビーチ) 釜の尻(ビーチ) 富賀浜(ボート) 土方(ビーチ)
三宅島伊ヶ谷 三宅島カタン崎 三宅島メガネ岩 三宅島坪田沖
伊ヶ谷(ビーチ) カタン崎(ボート) メガネ岩(ボート/期間限定) 坪田沖(ボート)
三宅島ワナカ
ワナカ(ビーチ)

◆宿泊施設:ホテル海楽
 備品:エアコン、テレビ、冷蔵庫、アメニティ(浴衣・バスタオル・ハンドタオル・カミソリ・歯ブラシ)

海楽洋室 海楽和室 ホテル海楽フロント ホテル海楽ロビー
洋室 和室 フロント ロビー
ホテル海楽レストラン ホテル海楽お風呂 ホテル海楽洗濯機 ホテル海楽ビアガーデン
レストラン お風呂 洗濯機 ビアガーデン(夏季限定)

◆島内観光

三宅島内では、バードウォッチングをはじめ自然散策や火山跡の見学などができます。
いくつかの観光スポットをご紹介します。

アカコッコ館の写真 三宅島自然ふれあいセンターアカコッコ館

三宅島の特色ある自然をより多くの人に知ってもらうために1993年に設立された、三宅村営の自然観察施設です。
野鳥や海の生き物、火山などの三宅島の自然情報がご覧頂けます。

長太郎池の写真 【長太郎池】

岩に囲まれた自然のタイドプール。今回の噴火により形がかわりましたが、フィッシュウォッチングに最適な場所です。
ベラ類やチョウチョウウオ類の観察が出来ます。

太路池の写真 【太路池(たいろいけ)】

周囲2km、水深30mの伊豆諸島最大級の淡水湖。
奥の桟橋には休憩所、トイレもあります。
天気のよい夜には、星が湖面に映し出されることもあり、とても幻想的です。

伊豆岬灯台の写真 【伊豆岬灯台】

明治42年に建造された純白のランプ式無人灯台。
休憩所、トイレもあります。
天気が良いと神津島や式根島、遠くは富士山までみられることもあります。

新澪池跡の写真 【新澪池(しんみょういけ)跡】

1763年のマグマ水蒸気爆発により形成された火口湖。
しかし、1983年の噴火により池の水は全て干しあがってしまい、現在も水はありません。

メガネ岩 【メガネ岩】

もとはメガネの形をした奇岩でしたが、昭和37年の噴火により片方が壊れてしまい、現在は片メガネになってしまいました。
毎年、6月の毎週末10日間だけ限定OPENするダイビングポイントでもあります。

イルカと遊ぼう!ドルフィンスイム お客様の声
スクーバダイビング
その他情報
フリーダイビング

TokyoDivingCenter facebook

Tokyo Diving Center

TokyoDivingCenter 携帯サイト

東京ダイビングセンター携帯サイトQRコード

東京ダイビングセンター 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-25-9-102 メールはこちら(tokyo.d.c@nifty.com)
03-3686-6617

Copyright (C)Tokyo Diving Center All rights reserved.     利用規約