携帯サイト お問合せ TDCへのアクセス サイトマップ スタッフ紹介

野生のイルカと泳ぐ!

野性のイルカと泳ぐ

飼育も餌付けもされていない野生のイルカ。
自然の大海原で伸び伸びと暮らしているイルカたちと、一緒に泳いでみたいと思った事はありませんか?

東京ダイビングセンターでは、東京都御蔵島とミクロネシア連邦チューク州トラック環礁内に生息する野生のイルカたちと泳ぐ、ドルフィンスイムツアーを開催しています。

東京ダイビングセンター 御蔵島一緒に泳ぐ事が出来るイルカの種類は、主にミナミバンドウイルカ。
ミナミバンドウイルカはとても人懐こく、時には30分以上も一緒に遊んでくれます!(ジープ島もミナミハンドウイルカだと思います。)

子供連れイルカの群れや若いオス同士の群れなど、イルカにはさまざまな群れがあり、またエサを食べているシーンや流木などで遊ぶ姿、授乳シーンや若いオス同士の交尾の練習シーンまで、いろいろな野生のバンドウイルカたちの姿を見ることも出来ます。

日常の生活を離れ、野生のイルカと泳いでみませんか!

御蔵島イルカドルフィンスイムツアーレポートをご覧下さい。
クジラやイルカについてはこちら

東京ダイビングセンター 御蔵島

御蔵島

東京竹芝桟橋から南へ約200km、伊豆諸島三宅島と八丈島の間に位置する『御蔵島』。直径約5km、人口約250人のまるでまんじゅうのような形をした島が海の上にぽっかりと浮かんでいます。
『富士箱根伊豆国立公園』に指定されており、島の周りでは約150頭もの野生のイルカたちが子育てをしながら生息し、島にはスダジイなどの照葉樹林、ミクラミヤマクワガタなどが生息しています。
また、伊豆諸島では二番目の標高を誇る雄山(850m)や、火山の噴火口に出来たといわれている御代ヶ池、大小合わせると30程もある白滝など、自然豊かな島です!

東京ダイビングセンター 御蔵島のイルカこの島では、4月末から11月中旬までの間、島の漁師さんの船によりドルフィンスイムを行う事が出来ます。スクーバダイビングで泳ぐ事は禁止されていますので、スノーケリングで一緒に泳ぎます。ですからダイバーでない方でもイルカと泳ぐ事ができるのです!

基本的に午前・午後各1回ずつ(混雑時は早朝・午前中・午後の3通り)船が出港し、1回の所要時間は2時間程。島を回りながらイルカを見つけたら海に入り、一緒に泳ぎます。島周辺にイルカが住み着いているので、100%に近い確立で会うことが出来ます!

御蔵島ドルフィンスイムのルール:御蔵島ではイルカと泳ぐためのルールがあります。
御蔵島ドルフィンスイムツアーの日程はこちら
御蔵島ドルフィンスイムツアーレポート
御蔵島のご案内

御蔵島の野生イルカとのドルフィンスイムのビデオです。
イルカの声も聞けます。ボリュームを調整して下さい。
東京ダイビングセンター ジープ島

ジープ島

ミクロネシア連邦チューク州、トラック環礁にある直径わずか35mの小さな無人島『ジープ島』。
日本からはグアムを経由して行くことができます。グアムからの所要時間は1時間半。そこから車で30分とボートで30分移動するとジープ島です。

ジープ島を含むトラック環礁の中心部分では、バンドウイルカが生息しており、スノーケリングやスクーバダイビングで一緒に泳ぐ事が出来ます。また環礁南側ではハシナガイルカも生息しており、その様子はボートの上からや水中で観察する事が出来ます。ミナミバンドウイルカは人懐こいので一緒に泳ぐ事が出来ますが、ハシナガイルカはあまり人間に近づくことはありません。

東京ダイビングセンター ジープ島のイルカ

ここではスノーケリングでイルカと一緒に泳ぐ事が出来ます!

ジープ島に関してはこちらをご覧下さい。
・・・http://www.jeepisland.info/

イルカと遊ぼう!ドルフィンスイム お客様の声
ダイビングスクール
ダイバーのためのダイビング情報
マナティと泳ごう!
アシカと泳ごう!

TokyoDivingCenter Blog

三宅島スタッフの日記やツアー報告などなど!
ムービー付きの報告もあります!

TokyoDivingCenter facebook

Tokyo Diving Center

TokyoDivingCenter 携帯サイト

東京ダイビングセンター携帯サイトQRコード

東京ダイビングセンター 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-25-9-102 メールはこちら
03-3686-6617/050-3400-0179(@nifty-Cフォン)提携ISPをご確認ください

Copyright (C)Tokyo Diving Center All rights reserved.     利用規約