携帯サイト お問合せ TDCへのアクセス サイトマップ スタッフ紹介

お肌を守りたい方へ

ジープ島のサンゴ

太陽の陽射しからお肌を守りたい!シミ・ソバカスは作りたくない!
そんな方へ、お肌と陽射しとの上手なお付き合いの仕方をお教えします!

まずは1年を通じて、お肌がどのような状態にあり、またどんな影響を受けているのかをご覧下さい。

後半には日焼けの防ぎ方や日焼けをしてしまった場合の対処法も記載しています!

四季が及ぼす肌への影響と対策

日本特有の四季。四季の変化に伴い、お肌の状態もお肌に及ぼされる影響もかわります。
季節に合った正しい対処法を行いましょう。

お肌へ影響

皮脂分泌が増加し、べたつきやすくなった肌にほこりやちりが付着して汚れやすくなる。
激しい気温の変化により皮膚表面のバランスが不安定になり、ちょっとした刺激に過敏になります。また日焼けしやすくもなります。
強度の紫外線や照り返しにより、日焼け、しみソバカスになりやすくなる。
汗腺皮脂腺の分泌が過剰になり、肌がべたついたり、化粧崩れを起こしやすい。
屋外と屋内の温度差によって肌に負担がかかり、荒れやすくなります。
透過性の高い紫外線で日焼けしやすい。
気温の変化とともに、皮膚機能が急速に低下。
夏のダメージが回復しないまま老化に結びつきやすくなります。
肌表面の水分が奪われカサつきやすくなる。
湿度が低くなるため、肌が乾燥し過敏になりやすい。
血行が悪くなり皮脂や汗の分泌機能が低下する。
新陳代謝が低下して皮膚がうすくなる。
室外と室内温度差により、毛細血管が拡張し、頬が赤くなる。

対策

・洗顔を丁寧に
・皮脂と汗の分泌のバランスがとれにくいので、しっかり水分を補給
・紫外線対策
・紫外線から肌を守りましょう。
・汗をかいたら清潔に
・胃腸の働きを整え睡眠と栄養を十分に
・しっかり水分補給
・夏の疲れを早めに回復
・新陳代謝の低下を防ぐため、しっかり栄養補給
・寒さに備えて、念入りにお手入れ
・血行を良くし、新陳代謝を促すため、お風呂でゆっくり温まったり、適度な運動を。
・しっかり栄養補給
・保水と保湿 ・乾燥対策
・雪焼けに注意

自分でできるお薦めスキンケア

※お肌に合わない場合はおやめ下さい。

ご自宅にある材料で簡単にお肌をお手入れする。それって理想ですよね。ちょっとお肌がかさついているときなどに、一度試してみてください。

即席サウナ(乾燥お肌に)
洗面器にお湯をはる(精油を1〜2滴入れると効果UP)。蒸気が逃げないようバスタオルを頭からかぶり、目をつぶって10分程蒸気を顔にあてます。蒸気をあびた後は、すぐに化粧水などで水分を補給しましょう。
または、蒸しタオル(タオルを濡らして、電子レンジに1〜2分程度かけ温める)を顔全体にあたるように2〜3分のせます。その後は、すぐに化粧水などで水分を補給しましょう。
植物性油(ごま油やオリーブオイルなど)
油をティースプーン一杯分程を顔全体に伸ばし、手の平で暖めるように優しく2〜3分マッサージ。蒸しタオルを顔全体にゆっくりあて、毛穴を開かせる。軽くふき取り洗顔する。
米ぬか(角質層を潤す)
米ぬかと小麦粉(6:4)を混ぜ、水を少しずつ足しながら糊状にし、顔に塗る。乾いたら、洗い流す。
昆布とヨーグルト(お肌に栄養を)
ミキサーに昆布とその2倍の量の水を入れ、ドロドロにする。流れない程度にヨーグルトを加え、顔に塗る。
たるみ、むくみ解消に
洗顔後、ガーゼまたはハンカチに包んだ氷をくるくる螺旋を描くように顔全体に1分ほどすべらせます。血行が良くなり、たるみむくみがとれるはずです!!
シミ・ソバカスの簡単マッサージ
人差し指、中指、薬指の3本の指の腹を使って気になる部位をゆっくりと圧迫したり、軽くたたく。血行促進、皮膚細胞の代謝を促します。
※レモンパックや、レモンの汁を直接お肌につけるパック方法がありますが、その後で紫外線を浴びると炎症を起こしたりシミの原因となる可能性がありますので、お気をつけ下さい!

日焼けをしたくない方へ

@日焼け予防1 〜日にあたる前に〜

サンブロック商品を選ぶ時、チェックしましょう
SPF値(Sun Protection Factor)
B波に対する予防効果を表す数字。何も塗らなかった場合に日焼けしない時間から比べ、何倍の時間日焼けしないでいられるかを表す数字。
(例:SPR10を使用した場合。紫外線の強さがどの時間でも一定だとすると、何も塗らないと30分で赤くなる人が300分は赤くならないという事。)

PA値(Protection grade of UVA)
A波に対する予防効果を表す。通常「+」で表示されており、+の数が多いほど効果が高い。

※数値が高いからといって、一概にそれが一番効果的とはいえません。SPFの値が高いほどかぶれやすくなる恐れがありますのでご注意下さい。

水分・油分補給
化粧水をたっぷり含んだコットンで、肌が冷たくなるまでパッキングをし、肌を潤す。
目や口の周りや頬のかさつきやすい部位には、乳液による油分補給を。
日焼け止めクリームを塗る
○日にあたる30分以上前に塗っておくことをおすすめします。
○ダイビングをする場合、スーツに覆われない顔や手の甲には、十分な配慮を。
○日に焼けやすいほお骨の高いところや鼻すじ、額、首の後ろなどを重点的に。
○薄く伸ばしすぎると、実際の数値(SPF値/PA値)よりも効果が現象してしまいますので、顔にぬる時は提示されている量をしっかり塗りましょう。
日焼け止めを塗る際の要チェックポイント
○唇:顔の中でも焼けやすい部位
○目の周り:顔の中で最も皮膚の薄い部位
○耳、首の後ろ、髪の分け目:曇り止めを塗り忘れやすい部位

A日焼け予防2 〜外に出たら〜

なるべく直射日光は避けましょう
○つばのある帽子や日傘、パラソルを使用しましょう
○サングラスをかける(フレームが大きく、UV加工の施してある色の薄いもの)
○なるべく長袖のものを着用する(色の濃いもの)
○手の甲・サンダル焼けを防ぐため、グローブ/ブーツを先に装着するもの良いでしょう
水面での紫外線に注意
○水面にいる場合、通常浴びている紫外線のほかに海面で反射する紫外線をも浴びてしまいます。スノーケリングをする時にはウエットスーツ・グローブの着用をお薦めします。
○紫外線は透明な水の場合、約30cm透過するそうです。
水気を拭き取りましょう
○汗をかいたり海から出たら水気を拭き、日焼け止めを使用している方は再度塗りなおしましょう。
○海水につかった状態で紫外線を浴びると、肌だけでなく髪の毛にも大きなダメージがあります。一旦真水で海水を落としてから水気を拭き取りましょう。
休憩時はなるべく日のあたらない所で
○長い時間休む時は、一度からだについた海水を洗い流し、陽のあたらない場所で休みましょう。

B日焼け対処 〜日にあたった後に〜

日焼け止めをしっかり落とす
○クレンジングと洗顔のダブル洗顔でしっかり日焼け止めを落としましょう。
日焼けしたお肌を冷やす(炎症を起こした肌はます冷やす事が大事)
○冷たい水を浴びる
○氷を入れた袋をタオルで包み、ほてっている部位にあてる
○冷蔵庫に濡らしたタオルを入れて冷やしておくのも良いでしょう
○目を閉じて冷たいタオルを当て、しっかりクールダウン(目も体同様日焼けしています)。その後ビタミンBの入った目薬をさすのもいいでしょう

※目の日焼けの症状
目が充血する/まぶしい/異物感がある/涙が止まらない/目が開けられない/乾燥するなど。
冷やしてもこのような症状が消えない場合は、眼科へ行くことをお薦めします。

たっぷり保湿
○日に当たると、皮膚は角質を厚くして肌を守ろうとします。そのため角質の中の保湿成分が不足し乾燥してしまい、肌がかさついたりごわついたりしてしまいます。そうなる前にたっぷり保湿しましょう。
○保湿効果の高い化粧水等を使用する。

※あまりにヒリヒリする場合は、ローションや化粧水がかえって肌に刺激を与えてしまう事になりますので、何もつけずとにかく冷やしてあげましょう。あまりに日焼けがひどい場合は、皮膚科に行く事をお薦めします。

刺激を与えないように(※日焼けは一種のやけどです)
○お風呂に入る場合はなるべくぬるいお湯にし、刺激を与えないようにしましょう
○日焼け後すぐのマッサージは、刺激がありすぎるのでタブー
○衣服はなるべく柔らかいものを着用しましょう
休息/栄養をしっかり取りましょう
○日焼けは疲労するものです。しっかり睡眠をとりましょう。(紫外線は身体の免疫力を低下させます)
○ビタミンを取りましょう(美白効果)
お肌が安定したら美白ケア
○美白の化粧品には有効成分が多く含まれているので、つかれた肌の負担にならないよう、肌の状態を見ながら慎重に使いましょう。
○パックやマッサージなどでお肌の働きを助け、新陳代謝を促しましょう。

※肌が黒くなるのは、メラニン色素が生成されるからで、それは人間にとって有害な紫外線を吸収するために生成されます。美白化粧品でメラニン色素の生成を抑えすぎてしまうと、そこで吸収されるべきA紫外線が吸収されず、真皮に届く量が増え、シミやしわができやすくなってしまいます。使用法を守って使用しましょう。

体の中からキレイになろう

美しいお肌を保持するのに欠かせない栄養分・ビタミン。
毎日、バランスよく栄養を摂りましょう。

ビタミンA

角化作用の抑制、皮膚・粘膜の表皮細胞の保護。
皮膚の抵抗力をつける。
バター、チーズ、牛乳、強化マーガリン、卵、鰻、人参、トマト、南瓜、ほうれん草、春菊、バナナ、柿
ビタミンB2複合体 新陳代謝を活発にし、血液循環特に皮膚循環を良くする。
皮膚の抵抗力をつける。
角膜にもはたらき、澄んだ目を作る。
うなぎ、いなご、レバー、肉、牛乳
卵黄、うずらの卵、鰹、鰯、セロリ
しいたけ、納豆、ヨーグルト
ビタミンC
(他の動物は体内で生成できるが人間は不可能)
皮膚の結合繊維の発育促進。
日焼け、しみなどの還元効果。
コラーゲン組織の生成を助ける働きも。
レモン、いちご、みかん、メロン、トマト、じゃが芋、さつま芋、人参、南瓜、緑色野菜、緑茶、柿、ほうれん草
ビタミンD 皮膚の血行をよくする事で、皮膚の衰えを防ぐ。皮膚の過酸化脂質を防ぐ。
しもやけ予防、手当にも効果有り。
牛乳、卵黄、胚芽油、酵母、穀物、綿実油、豆類、緑茶、ごま
イルカと遊ぼう!ドルフィンスイム お客様の声
ダイビングスクール
ダイバーのためのダイビング情報
マナティと泳ごう!
アシカと泳ごう!

TokyoDivingCenter Blog

三宅島スタッフの日記やツアー報告などなど!
ムービー付きの報告もあります!

TokyoDivingCenter facebook

Tokyo Diving Center

TokyoDivingCenter 携帯サイト

東京ダイビングセンター携帯サイトQRコード

東京ダイビングセンター 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-25-9-102 メールはこちら
03-3686-6617/050-3400-0179(@nifty-Cフォン)提携ISPをご確認ください

Copyright (C)Tokyo Diving Center All rights reserved.     利用規約